ただの脂肪とは異なるセルライトが取り除きにくい原因と解消法

セルライト

美容に関心のあるかであれば、セルライトという言葉を耳にしたことがないかたのほうが少ないでしょう。

ダイエット中に食事制限をしたり運動で消費カロリーを増やしたところで、体重を減らせてもセルライトだけが残ってしまうということがよくあります。

特につきやすい腹部や下半身が太いままになってしまいやすいのは、セルライトによる影響も大きいのです。

また、凸凹としていることで見た目を著しく損なってしまうというのもセルライトのデメリットになります。普通の脂肪とは異なりますので、一度ついてしまうと簡単には取り除くことができずにとても厄介です。

脂肪というのは大きく分けて考えると、皮下につく皮下脂肪と内臓まわりにつく内臓脂肪の2つの種類があります。

いわゆるメタボの原因になるのが内臓脂肪ですが、皮下脂肪は元々男性と比較して脂肪組織が多い体型である女性がつきやすい脂肪です。
そして、内臓脂肪と比較すると排除しにくいという特徴もあります。

問題のセルライトはこの皮下脂肪をベースとして作られていくものですので、女性にとってはまさに天敵ともいえるものなのです。

通常の皮下脂肪は組織自体はそれほど大きくなく、血液の流れやリンパの流れを妨げる類のものではありません。しかし、身体に蓄積した水分や老廃物といった余分なものを引き寄せて、大きくなっていく性質があります。

肌表面の見た目まで変化させるほど肥大化することで、これまでは正常に流れていた血液やリンパを滞らせてしまい、さらにそのせいで代謝機能も悪くして、ますます太りやすくなるという悪循環になってしまうのです。

皮下脂肪が大きくなってしまう原因自体も、やはり循環機能が悪化しているということがセルライトの除去が難しい理由の1つになります。

セルライト取り除く痩身エステのキャビテーション

代謝機能が悪くなる理由は、バランスを欠いた食事内容と暴食、運動不足、不健康な生活習慣です。普段からいろいろなものを適量食べて適度に運動をし、身体のことを考えた生活を送っていればセルライトを予防をすることができます。

また、座りっぱなしでむくみやすい態勢でいることが多かったり、血流を妨げてしまうきつい服や下着を愛用していたり、解消できないストレスや睡眠不足といったホルモンバランスを崩してしまうようなことがある場合も、やはり徐々にセルライトが蓄積されていきます。

目に見えてそうとわかる状況になっているセルライトは、すでにかなりの大きさになっている状態です。だからこそ、自覚した段階ではもう取り除くことが困難な状態になっています。

そんなセルライトを取り除く手段として有効とされているのが、痩身エステの中でもキャビテーションといわれるものです。

もちろん、痩身エステを受ける以前に、新たにセルライトを作らないように健康的な生活を送ることが大切になりますが、キャビテーションではすでにできてしまったものを超音波の作用で分解させて柔らかくし、外部に排出しやすい状態にしていくことができます。

その効果は、メスを使わない脂肪除去といわれるほどのものです。
キャビテーションのメリットはセルライトが気になる部分にピンポイントに施術ができること、そして、セルライトそのものにアプローチしながらも痛みを生じさせず、身体の負担が少ないという点なります。

凝り固まってしまったセルライトを解していきつつ、さらに排出を促すための代謝機能を上げられるので、痩身エステではハンドエステを組み合わせて利用するかたも少なくありません。

キャビテーションは脂肪組織そのものが分解されるのでリバウンドとは無縁なことも、セルライト除去方法としては非常に嬉しいポイントです。

セルフケアではなかなか効果がなかった、体重が落ちてもセルライトだけが残りコンプレックスになっている、そういったかたには特におすすめの痩身エステになります。
参考:痩身エステおすすめガイド | 人気のエステサロンをランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする